メンズ

効果的な看板を設置して集客|店の雰囲気にあわせたデザイン

はがきの折り方や種類

葉書き

圧着ハガキにはいろいろな種類があります。通常サイズの圧着ハガキでしたら、はがきと同じ郵送料金で送ることができるためいろいろな会社で利用されています。一般的に使われているのは二つ折になったDMはがきです。ペリペリと剥がして両開きにして読むことができ、はがきの倍の情報量を掲載できるとして多く使われています。また中身が見えないため、個人情報が漏洩する心配もありません。

圧着Z折りハガキは三つ折りの状態のDMはがきです。二度剥がして中身を見るタイプで、はがきの3倍の情報を掲載することができます。はがきタイプ以外でも圧着封筒タイプもあり、郵送しないで使用されることも多くあります。これは給料明細書などに利用されていて、郵送しない場合なら安いことから利用されています。中に三つ折したC折のはがきもありますが、Zタイプと異なり中が密封されていないことなどの点から郵送には不向きです。

圧着ハガキを業務で多く使用する場合にはメールシーラーといって、圧着ハガキを作成する機械を導入するのもいいでしょう。手作業で封書に入れるなどの作業を行なうのは時間がかかり、人手も必要になってきますのでコスト的にも大変です。しかし、圧着ハガキがたまにしか必要でない人や部数が少ないという場合には、機械の導入を行わず、専門の業者に頼むほうがコストを抑えることができます。業者は多くありますので、自分の会社にあった業者を探す必要があります。業者によっても見積もりやサービスはさまざまで、剥がしやすいように下に三角の切れ込みがある圧着ハガキも無料で制作してくれる業者もあります。

Copyright© 2016 効果的な看板を設置して集客|店の雰囲気にあわせたデザイン All Rights Reserved.